CD146 抗体

CD146抗原は、S-Endoとして知られている118 kDaの膜貫通単糖鎖タンパク質で、免疫グロブリンスーパーファミリーに属します。細胞外領域は5個の免疫グロブリン様ドメイン(2個のV様ドメインと3個のC2様ドメイン)で構成されています。CD146抗原は、Ig スーパーファミリー接着分子と関連して、細胞間接触部位に集中的に存在しており、細胞の接着、特に細胞単層の維持に役立っています。CD146抗原は、内皮に構成的に発現し、平滑筋細胞や中間栄養膜細胞など他の細胞種でも発現が認められます。末梢血の白血球では、活性化T細胞サブセット以外にCD146の発現は認められません。


Clone: TEA 1/34 Isotype: IgG2a Mouse

TEA1/34抗体は、第6回HLDAにおいてCD146に分類されています。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)