CD11b 抗体

CD11b抗原は、インテグリン αM鎖として知られています。CD18抗原(インテグリン β2鎖)とともに、 Mac-1抗原 (CD11b/CD18、αMβ2、CR3、iC3bR、Mo-1)を形成します。CD11bは、還元状態で170kDa、非還元状態で165kDaのI型膜貫通糖タンパク質で、19ヶ所のN型糖鎖付加部位を持っています。細胞表面のCD11b分子発現にはCD18抗原( β2 インテグリン鎖)の共存が必要です。共存によりCD18 β 鎖が それぞれ別のCD11 α鎖と会合することで、4種のインテグリンヘテロダイマーの1つである CD11b/CD18インテグリンが形成されます。CD11b/CD18複合体は、NK細胞、好中球、単球およびマクロファージに強く発現します。


Clone: 94 (Mo1) Isotype: IgM Mouse

Clone: Bear1 Isotype: Ig G1 Mouse

Bear1 抗体はブロッキング抗体ではありません。

製品モデル

関連資料

CD chart For identification of cell surface molecules
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies
How do I preserve sensitivity? Poster - How to preserve sensitivity