CD107a(LAMP-1)抗体

CD107a抗原は高度にグリコシル化された110 kDaのタンパクで lysosomal-associated membrane protein(LAMP-1)とも呼ばれ、LAMP-2と共にリソソーム顆粒の膜に存在します。 CD107a分子は細胞内抗原として偏在的に認められ、活性化血小板、PHAで活性化された細胞、一部の単球系セルライン、胎児胸腺間質細胞の表面にも発現しています。CD107aは、細胞傷害性CD8+T細胞の脱顆粒マーカーやNK細胞機能活性のマーカーとしても知られています。血小板活性化マーカーとしては、接着分子の特性を有するとされています。LAMP-1のminor fraction (<2%) は有核細胞膜に関連しており、おそらくリソソーム膜と細胞膜の選択的交換の結果であろうと考えられています。細胞表面におけるLAMP-1発現の増大は、高転移能の形質転換細胞や胚細胞で観察されます。


Clone: H4A3 Isotype: IgG1 Mouse


製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)