CD106 抗体

CD106抗原、VCAM-1 (Vascular Cell Adhesion Molecule-1) は、リンパ球のインテグリン α4/β1 (VLA-4) およびα4/β7に結合する接着分子です。110 kDaのシアロ糖膜タンパク質で、免疫グロブリンスーパーファミリーに属します。CD106は、7つのC2セット(免疫グロブリン様)ドメインが認められます。活性化した内皮細胞や組織マクロファージ樹状細胞および骨髄の繊維芽細胞に存在し、活性化した内皮へのリンパ球や単球、好酸球の接着に関与します。最近の研究で、CD106は強力な免疫抑制作用を持つ一部の間葉系幹細胞(MSCs)を同定することが示されました。


Clone: 1G11 Isotype: IgG1 Mouse

1G11抗体は、TNFで刺激した内皮細胞へのリンパ球接着を阻害します。

製品モデル

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)
Single Color Antibodies (OUS version) Single Color Antibodies (OUS version)
Clinical Single Color Antibodies (US version) Clinical Single Color Antibodies (US version)
Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies Poster - Immunophenotyping reference table - For haematopoietic malignancies