β2-Microglobulin(β-2ミクログロブリン)

β2-ミクログロブリンは多様性が無く、非共有結合的にクラスⅠの腫瘍組織適合複合体(MHC-Ⅰ)に結合している軽鎖(12kDa)であり、構成的に全ての有核細胞表面に発現しています。その構造はジスルフィド結合によって安定化しており、Ig様ドメインと似通っています。小胞体(ER)内でMHCクラスⅠ重分子が他の蛋白(カルレティキュリン、タパシンなど)と会合し、小胞体から細胞表面へ搬送されるloading complexを形成するのにβ2-ミクログロブリンが必要です。ペプチド提示後、β2-ミクログロブリンは積極的に循環血液中に放出されます。


Clone: B1G6 Isotype: IgG2a Mouse

B1G6モノクローナル抗体はヒトβ2-ミクログロブリンに特異的です(分子量12kDa)。他の動物種のβ2-ミクログロブリンとは反応しません。HLAクラスⅠ分子との結合にかかわらず、β2-ミクログロブリンを認識します。

Explore Beta2-Microglobulin Models

関連資料

Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR-compliant panels for haematological disorders Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
Building IVDR compliant panels for haematological disorders wallchart Diagnostic purpose of the IVDR conjugated antibodies
CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version) CE-IVD Single Color Antibodies (OUS version)