レーザー回折・散乱法 粒度分布測定装置
LS 13 320 エルエス 13 320

レーザ回折・散乱法の頂点。

LS 13 320(エルエス 13 320)は、従来のレーザ回折・散乱法の概念を覆す次世代のレーザ回折・散乱法粒度分布測定装置です。世界で唯一、フラウンホーファー回折とミー散乱理論、さらにPIDS理論を用いたマルチ光学系を搭載し、最も高い分解能、卓越した精度、優れた再現性を得ることができます。また、新世代の5種類の洗練されたサンプルモジュールは、様々なサンプルに適用し、簡単に交換し、操作できるように設計されております。サンプルモジュールの交換はユニークな「オートドック」メカニズムを用いて、わずか数秒で行うことができます。便利な自動洗浄は、大容量な水溶媒系サンプルモジュールと、有機溶媒にも対応しているユニバーサルリキッドサンプルモジュールで利用することができます。トルネードドライパウダーサンプルモジュール(特許)を用いれば、乾式法で高分解能かつ高再現性で測定することができます。さらに全自動測定モジールは、28サンプルをフルオートメーションで測定します。

特長

優れたデータ再現性を提供するLS 13 320 MW

  • レーザー回折を用いた粒径分析において再現性は最も重要な因子の1つ
  • 製品仕様の向上により、バルク資材や粒状物質のメーカーが、より高品質の製品を得ることが可能

標準的な操作手順と方法

  • SOPの作成が容易なため、分析方法と測定結果のレポートを標準化することが可能
  • アプリケーション、オペレーター、装置、設置数とは関係なく、SOPの使用により一貫性と均一性が保証され、高度なSOPをルーチンで使用して同じ分析を確実に実行
  • メソッドの設定から最終印刷までの測定の全要素を、ユーザー定義可能なSOPに組み込むことが可能

ソフトウエアセキュリティと21 CFR Part 11によりコンプライアンスを実現

  • LS 13 320 MWには設定可能なセキュリティシステムが付属
  • ユーザーのセキュリティレベルは4つのレベルから選択可能
  • No Security(セキュリティなし)からHigh Security(高度のセキュリティ)まで、ユーザーが選択可能
  • High Securityを選択すると、電子署名とレコードを扱うFDAの規則である21 CFR Part 11に準拠するようにソフトウェアが設定

ベックマン・コールターの粒度分布測定装置LS 13 320 MWの特長

  • LS 13 320には、4種類の「プラグ&プレイ」のモジュールがあり、乾燥粉末(トルネードドライパウダーモジュール)、有機溶媒(ユニバーサルリキッドモジュール)、微量サンプル(マイクロリキッドモジュール)、水に分散可能なサンプル(アクアリキッドモジュール、オートサンプラーと併用)を測定可能
  • 測定粒径:0.017~2,000 µm
  • 偏光散乱強度差計測(PIDS)技術を用いた、最も解像度の高いサブミクロン測定装置の1つです。
  • トルネードドライパウダーシステム
  • ファイバー光学空間フィルターシステム
  • オートドック - ユニークなモジュール交換システム
  • モジュールをウェット~ドライ間で交換した場合でも、わずか1分でウェットに戻せます。
  • ユーザーフレンドリーなソフトウエアと、先進のソフトウエアによるセキュリティ機能
  • 遵守が容易な標準操作方法
  • マルチコンポーネントの標準作業手順
  • 認証プログラムにより機器の性能を保証
  • V-Checkプログラム(IQ、OQ、PQ)により、機器の検証が可能

製品仕様

Industry Standards 21 CFR Part 11
Particle Size Analysis Range 0.02|2,000.00|μm / 0.02|2000|μm
Item Specifications Referenced 6605637

資料

  • Filter by:

Technical Documents