Echo 650シリーズ

 非接触・微量自動分注機

化合物など有機溶媒の微量分注に対応

  • 最少可能分注量 2.5 nL
  • 音波を用いた非接触分注により微量サンプルを正確に分注
  • 水系(バッファー・試薬)と有機溶媒(DMSO)両方の分注に対応
  • 創薬化合物管理・HTSアッセイ開発・タンパク質結晶化スクリーニングなどに

アプリケーション情報:

  Echoアコースティックテクノロジー
  合成生物学のためのEchoアコースティック分注機
  Echo×Biomek - NGS自動化ソリューション

カタログ:

  アコーステック微量分注 Echoシリーズ製品カタログ
  Echo 合成生物学アプリケーションカタログ
  Echo 消耗品カタログ(英文)
  Echo ソフトウェアアプリケーションカタログ(英文)

製品モデル

アコースティックリキッドハンドリングのさらなる前進

Echo 650シリーズのアコースティックリキッドハンドラーは、ミディアムスループットのアプリケーションに最適です。最少2.5 nLの液量を384および1,536ウェルマイクロプレートから分注することができます。お客様の研究におけるニーズの変化に合わせて、Echo対応のサンプルチューブを使用可能できるようにするためのアップグレードパッケージを提供しています。

特長

主な利点

  • DMSOの吸湿度水和レベル測定により、サンプルのクオリティ完全性に関する情報を収集し、分注の質を向上させることが可能
  • 非接触分注のため、化合物のチップへの吸着による減少やクロスコンタミネーション交差汚染、キャリーオーバー、接触部品からの異物の溶出液体の浸出が生じる心配なし
  • ナノリットルスケールの液量を正確に分注することが可能なため、アッセイのミニチュア化、さらにはコスト削減を実現
  • 階段希釈法よりも優れたダイレクトダイリューション直接希釈法で化合物を希釈することで結果の質を向上
  • 指定したウェル間で任意の液量を自由自在に移すことができる柔軟性

アコースティックサンプルチューブの管理

超高密度サンプルの保存に用いるFluidX AcoustiX Sample Tube(FAST)は、Brooks Life Sciencesと共同開発した製品で、同社が販売しています。このアコースティックチューブには次のような利点があります。

  • Echo 対応のデザイン - Echo 650Tおよび655Tのいずれのリキッドハンドラーでも使用可能
  • 保存からスクリーニングに至るまで、サンプルの完全性を維持
  • 上流の液体操作ステップをミニチュア化して、サンプル使用量を節減
  • 目的のスクリーニングに使用するサンプルセットを速やかに選択・分注

ワークフローの自動化

サンプルスループットについての幅広いニーズに対応するために、Echo 650シリーズのリキッドハンドラーは、搭載した多様なデバイスを自在に設定し、ワークフローを完全に自動化できるAccess™ Dual Robot Systemとシームレスに一体化させることができます。

  • サンプル管理ワークフローのスループットを最適化できる設定
  • ドッキングモジュール、ターンテーブル、格納式棚および引き出しを備えた、コンパクトでエルゴノミックなデザイン
  • サンプルを吸湿水和や蒸発から守るための環境管理をオプション機能として追加可能

「音」による新しいサンプル管理

Echo 655Tは、Echo 対応のサンプルチューブからサンプルを直接分注できるリキッドハンドラーです。サンプルの保存からassay-readyプレートに至るまで、完全に非接触の液体操作ワークフローを実現しています。Echo 655Tリキッドハンドラーは、384および1,536ウェルマイクロプレートから、また96チューブフォーマットに配列したサンプルチューブから、最少2.5 nLの微量分注を行うことが可能です。さらに本機の高速分注機能は、ハイスループットな生化学および細胞スクリーニングのニーズに応えることができる高速性も備えています。

動画で観るアコースティックテクノロジー

 

Echoアコースティックドロップエジェクション(ADE)のテクノロジーを動画でご紹介します。ソースプレートから上部に設置されたデスティネーションプレートへ、正確なボリュームの液滴を音波により放出する様子をご覧いただけます。

製品仕様

Drop volume 2.5 nL
Volume transfer range 2.5 nL – 5 µL (dependent on fluid type, assay, and source plate used)
Reagents supported DMSO, PCR and qPCR reagents, synthetic biology reagents, NGS reagents, primers and probes, cell culture media, proteins, nucleic acids, up to 50% glycerol, serum, plasma, antibodies, enzymes, and protein crystallography reagents
Transfer accuracy <10% deviation from target volume
Transfer precision <8% CV (except protein crystallography fluid class)
Source labware compatibility All Echo Qualified 384- and 1536-well Microplates
Destination labware compatibility All Echo Qualified Microplates and most ANSI-compliant/SBS-standard microplates in 96-, 384-, 1536-, and 3456-well formats 8 to 16 mm well height
Barcode reader options Short-side and/or long-side
Dimensions 53.9 cm width x 68.3 cm depth x 92.5 cm height (21.2 x 26.9 x 36.4 inches)
Weight 130 kg (286 lbs)
Working envelope Additional 25.4 cm (10 inches) on top, 2.5 cm (1 inch) on sides, 7.6 cm (3 inches) at front, 30.5 cm (12 inches) at back
Electrical AC 120V, 50/60 Hz, 10 A or AC 230V, 50/60Hz, 5 A
Operating temperature 21°C ± 5°C (70°F ± 9°F)
Vacuum House supply minimum 200 Torr (266 mbar, 22 inches Hg Vac)
OR
Standalone vacuum with surge tank, minimum pump speed 2.0 m3/hr, minimum pressure 100 Torr (133 mbar, 26 inches Hg Vac)
Fluid class calibration No calibration needed

関連資料

絞り込み:
 
Cell-free and Acoustic Liquid Handling are Helping Tierra Disrupt Natural Product Discovery If you want to disrupt the natural products market, try combining acoustic liquid handling technology with advances in cell-free approaches. In this webinar, Zachary Sun, CEO of Tierra Biosciences (formerly Synvitrobio), shares how his company is doing just that using the Echo Liquid Handler
Achieving Cell-Free Gene Expression with An Acoustic Liquid Handler This webinar is part one of a two-part series on abstract cell-free expression.
Echo Acoustic Liquid Handling Technology Sound waves eject precisely sized droplets from a source onto a microplate, slide, or other surface suspended above the source
5 Years of high-throughput strain engineering with the Echo: lessons from Zymergen Automation presented by Christopher Bremner, Automation Engineer, Zymergen @SLAS2020 Zymergen has used the Echo Liquid Handler to automate strain engineering for many years now. In this talk, Chris reflects on some lessons learned during early Echo usage, provides some tips to maximize throughput of your Echo device, and showcases how Zymergen currently use Echo devices in their workflows.
Biomek i-Series and Echo Acoustic Liquid Handler Integrated Workstation This video highlights the Biomek i-Series and Echo Acoustic Liquid Handler Integrated Workstation