フローサイトメトリーの処理能力を向上

ハイスループット フローサイトメトリーは、表現型スクリーニング、リガンド結合アッセイ、モノクローナル抗体スクリーニング、バイオマーカー探索などの数多くの創薬研究のステップに欠かせない研究機器です。マルチパラメーターのフローサイトメーターCytoFLEX自動分注ワークステーションBiomek i-Seriesに統合(integration)することで、サンプルのスループットが飛躍的に向上し、複雑なアッセイも高速かつ簡便に処理できるようになります。

さらに、ドライ抗体試薬パネルとマシンラーニングによるフローサイトメトリー解析ソフトウエアを合わせて使用することで、サンプル処理からデータ分析までのワークフローを大幅に簡便化することが可能です。

ハンズフリーな自動分注ワークステーションと統合したフローサイトメトリーのワークフロー

フローサイトメーターCytoFLEXを自動分注ワークステーションBiomek i5またはi7に統合することにより、サンプルの前処理からデータ分析までのすべてのステップを組み込んだハンズフリーのサイトメトリー ワークフローが実現できます。

まとめ

受託蛍光標識サービスLUCIDで作成したドライ抗体試薬と、データ分析にクラウドプラットフォーム サイトメトリー解析ソフトウエアCytobankを使用することで、このワークフローをより簡素化することができます。 CytoFLEX、Biomek i5 / i7、LUCIDドライ抗体Cytobankソフトウエアの統合システムを導入することで、時間のかかるアッセイから解放されます。

テクノロジー

BiomekとCytoFLEXのインテグレーション