連続処理ロータ

連続処理ロータにより、高い遠心力による大量サンプルの遠心が、多数の遠心チューブの注入/デカントや、ロータを頻回にスタート/ストップすることなく可能となります。このロータを使用する際は、上清の回収またはペレットの排出のいずれかを行います。連続処理ロータにより、以下の2つの理由から、サンプル処理時間は実質上、最小化されます。

  1. 経路長が短いため、ペレッティング時間が全体的に短縮されます。そのため注入サンプルからペレットが効率的に排出され、ロータを通じた急速なサンプル注入が促進されます。
  2. 膨大な処理能力がありますので、従来のロータのような頻回のスタート/ストップの必要はありません。そのためサンプル処理の手間が軽減され、運転間のロータの加減速の待ち時間が減少して、時間を節約できます。

連続処理ロータの主なアプリケーションとしては、ラージスケールのウイルス、ミトコンドリア、組織ホモジネート、細菌、細胞の回収、および藻類の回収などがあります。以下の場合は、連続処理ロータの使用が最適です。

  1. 収集する微小粒子の係数沈降は50 Sを上回る必要があります。ロータのペレッティング効率が高いため、液体培地中の固体試料については、スウィングロータや固定角ロータより速く分離できます。
  2. サンプルの固体/液体の比は低くなっています(5~15%)。固体/液体の比が15%を上回る場合は、ロータの効率が過剰となる傾向があります。すなわち注入が急速であるほど、ペレッテイングが迅速となります。このことは、ペレットを取り出すために遠心を頻回に中止する必要があり、より多くの時間がロータの加減速や運転の合間の洗浄に消費されることを意味します。逆にサンプル中の固体試料が少ない場合はロータの運転は長時間に及び、終了まで大量のサンプルを処理することになります。