Microfuge 20

ハイパー微量高速遠心機

ベックマン・コールター社の微量高速遠心機Microfugeシリーズはマイクロチューブに特化したコンパクト遠心機です。最大36本処理能力を誇るリーズナブルな冷却遠心機Microfuge 20Rは省スペースと実験の効率化を提供します。 Microfuge 20Rはフットプリントが小さく、100V電源仕様で強力な冷却能力(4℃に維持可能)を備えた小型遠心機です。0.25、0.4、1.5、2.0 mLの各サイズを遠心することができ、8連PCRチューブスリップを同時に4本処理可能です。いずれも24本 × 1.5 mLチューブ用ロータが標準装備です。

 

遠心機お役立ち情報:

特長

アプリケーションのニーズに合致

  • 冷却モデルMicrofuge 20Rと非冷却モデルMicrofuge 20の2タイプ用意
  • 4つのロータのオプションにより、最高の柔軟性を発揮
  • オプションのBioCertifiedロータにより、バイオハザード・サンプルの安全な処理が可能

向上した回転数と機能

  • 最高回転数 15,000 rpm、最大遠心力20,627 ×g
  • 最大処理数 1.5 mL × 36本(FA361.5 ロータ)

ラボに直感的に導入可能

  • 効率的で使用しやすいインターフェースは、回転数(rpm)と遠心力(xg)を表示
  • ラボ共通のプロトコルに対する、ユーザー定義プログラムの設定時間を短縮
  • エネルギー効率の向上により総合コストの削減

安全性の向上

  • オプションのBioCertified* 固定角ロータFA361.5でサンプルを安全に処理

製品モデル

技術資料

Didn't find what you are looking for? For more results click の技術資料はこちらからご覧ください。

関連資料

絞り込み:
 
Product Catalog: Benchtop & Microcentrifuges This centrifuge product selection guide is designed to help you determine the most efficient centrifuge tools for your laboratory.
Efficient Kit-Free Nucleic Acid Isolation uses a Combination of Precipitation and Centrifugation Separation Methods Author: Julia P Luciano-Chadee, Beckman Coulter, Inc., Indianapolis, IN 46268 | Published 2017
Quantification of Cellular Toxicity with Particle Characterization and Centrifugation Beckman Coulter tools enable quantification of cellular toxicity caused by nanoparticles, reducing time to remove aggregated particles and quantifying cell toxicity in the presence of single-walled carbon nanotubes.