MET ONE 4500の特長

MET ONE R4500

リモート型気中パーティクルカウンター MET ONE R4500シリーズは、手頃で信頼性が高く、柔軟な測定サイズ、流量、通信オプションを備えたコンパクトな設計で、製薬、半導体、ハードディスクドライブ、フラットパネルディスプレイ業界などのクリーンルーム管理の特殊ニーズに対応します。

 

施設モニタリングシステムへの導入が容易

MET ONE R4500シリーズは、RS-232デジタルパルスまたはRS-485 Modbus通信を使用することで、施設モニタリングシステムに容易に統合できます。

 

すべてのリモート型気中パーティクルカウンターのアプリケーションに対応する柔軟性

・粒子計測範囲:0.3um〜0.5um
流量:0.1cfm
ケース上部の点滅するLEDステータスインジケータがアラームを表示します。RS-485設定により計測時間、待機時間、アラームレベル、アラーム遅延およびスケーリングを保持し、パワーサイクル(電源オン/オフ)を通して維持されます。

 

簡単なインストールオプション

小型のステンレススチール製ボディは、ほとんどのプロセス環境に適合します。 MET ONE R4500シリーズを精密な工程領域の近くに配置できるように、空気の流れを妨げるようなファンはありません。

MET ONE 4500の特長