パーティクルカウンター資料集 液中パーティクルカウンターの測定原理

測定範囲と測定原理

小さい粒子は光散乱光方式大きい粒子は光遮蔽方式を採用!
センサーモデルMC-05は、両方式を用いたデュアルモードとなっています。

 

 

光遮蔽方式とは?

サンプル中の粒子により光が遮蔽された際の電気信号(電圧降下)を粒子数および粒子径として算出します。

 

 

 

光散乱方式とは?

サンプル中の粒子により光が散乱した際の電気信号(電圧上昇)を粒子数および粒子径として算出します。
気中パーティクルカウンターのように、粒子径によってパルス(電気信号)が得られます。

 


液中パーティクルカウンター製品一覧はこちら!

皆様からの、課題解決のためのご相談をお待ちしております。