Biomek NGeniuS

 NGSライブラリ自動調製システム

Biomek NGeniuS は、次世代シーケンサー用ライブラリ調製の自動化システムです。煩雑で時間の掛かるNGSのライブラリ調製を、少ない作業時間、高い柔軟性を持つシステムで運用したい研究室に適しています。ユーザーフレンドリーなソフトウエアは高度なプログラミングスキルを必要としないため、簡単に誰でもセットアップできます。

  • Biomek NGeniuS Dynamic DeckOptix System がラボウエアを識別し、瞬時にエラーを検知し、目線の先にあるヘッドアップディスプレイに表示します。セットミスによる実験のやり直しを減らすことができます。
  • サーマルサイクラーに加え、複数の温調ポジションを搭載することで、より長い工程の自動化も可能です。
  • ソフトウエアは使いやすく、バーチャルでセットアップができ、さらに装置から離れた居室もしくは自宅にいる場合でも、Biomek NGeniuS ポータルソフトウエアを通じて、装置の状況を把握する事ができます。
  • クラウド上のNGSライブラリ構築アプリケーションのメニューにより実験をすぐに始めることができます。

Biomek NGeniuS カタログはこちら

PDFダウンロード

製品モデル

Biomek NGeniuS の特長

ヒューマンエラー削減

Biomek NGeniuS dynamic deckoptix camera A9875

  • Dynamic DeckOptixの高度な光学解析を用いて、ラボウエアの配置を認識し、また瞬時にエラーを検知し目線の先にあるヘッドアップディスプレイに表示します。リアルタイムにフィードバックすることでセットアップミスを防ぎます。
  • カローセルにロードされている試薬を認識し、欠けている必須バイアルを、バーコードの有無を問わず自動識別することができます。試薬ミスを検出することで貴重な試薬を無駄な消費を防ぎます。

作業時間の短縮

Biomek NGeniuS complete deck with labware A9865

  • 試薬管理システムは、カローセルと温度制御可能な試薬保管ゾーンを組み合わせ、試薬をプレートに移す手間を省くことで不要なピペッティングステップを最小限に抑えます。
  • オンデッキサーマルサイクラーに加え複数の温調ポジションを搭載することで、より長い工程の自動化も可能です。
  • グリッパーツールを搭載しており、プレートの自動搬送が可能です。実行中に人の手を介する必要がないため、装置のそばにいる時間が削除できます。
  • セレクティブチップタイプのマルチチャンネルヘッド(特許取得)は96および384構成のチップボックスとの互換性があります。ヘッドの交換や高額のオンデッキピペットツールの購入が不要です。

使いやすさ

Biomek NGeniuS complete deck head up display labware A0019

  • Biomek NGeniuSのソフトウェアは、Google ChromeまたはMicrosoft Edgeを使用してバッチセットアップとバーチャルモニタリングができます。
  • Biomek NGeniuS のセットアッププロセスは 6 つの簡単なステップからなり、プログラミングスキルは必要ありません。
  • 試薬調製などの煩雑な工程もBiomek NGeniuS ソフトウエアのワークエイド機能を使用することで、自動でワークエイドが作成されます。ワークエイドは、必要な試薬量や、試薬の調製・準備のチェックリストなどの情報が含まれており、プリントアウトし、手元で確認しながら安心して準備を行えます。
  • シングルダイヤル入力方式を採用。回して選択するだけのシンプルな操作で、システムをセットアップし、実行することができます。
  • 操作画面やエラー表示などは目線の先にある24インチヘッドアップディスプレイに表示されます。
  • 360℃マルチカラーLED 照明が装置上部外周ににあり、離れた場所からでも装置の状態を確認できます。

柔軟性

Biomek NGeniuS pipetting head gripper selective tip 8x1000 tip A9908

  • 柔軟なサンプルバッチサイズにより、4~24のサンプルを任意の数だけ実行できます。試薬の無駄を省き、結果を迅速に得ることができます。
  • パーシャルボックス内のチップの必要数をカウント、認識するため、チップを手動で搬送する必要がありません。パーシャルチップボックスの無駄がなくなり、時間とコストの削減につながります。

NGSライブラリ自動調製メソッド

Biomek NGeniuSシステムは、様々な試薬メーカーの各種実証済みメソッドを搭載しております。複数の試薬サプライヤーの協力を得ながら、クラウド上のNGSライブラリ調製アプリケーションを拡充していきます。

 

対応ライブラリ調製キット(2022年8月9日 現在)

  • Illumina DNA Prep
  • Roche KAPA HyperPlus
  • Roche KAPA HyperPrep
  • NEB Ultra II Directional RNA
  • IDT xGen cfDNA & FFPE DNA Lib Prep Kit
  • Agilent SureSelect XT Human All Exon v6 (開発中)
  •  

     

     Biomek NGeniuS hand holding reaction vessel A9857

     

    製品動画

    関連資料

    Biomek NGeniuS Next Generation Library Prep System Brochure Brochure: Introducing a reliable, easy-to-use, purpose-built liquid handler for NGS library preparation.
    Biomek NGeniuS Next Generation Library Prep System Application Note Application Note: Demonstrated method for automation on the Biomek NGeniuS liquid handler.
    Automating NGS workflows A comparison between a traditional liquid handler and Biomek NGeniuS Next Generation Library Prep System
    Reducing Errors associated with NGS library preparation In this application note, we compare Beckman Coulter Next Generation Library Prep System and a traditional low-throughput liquid handler.
    Automation of Illumina DNA Prep Kit on Biomek NGeniuS We have demonstrated the automated preparation on Biomek NGeniuS and have compared the data with the data that can be found in the manufacturer’s instructions.
    重要:本アプリケーションテンプレートにおいて、ベックマン・コールターは、明示または黙示を問わず、特定の目的や商品性への適合性の保証、本アプリケーションテンプレートが他者の権利を侵害していないことの保証を含め、いかなる種類の保証も行いません。全ての保証は明示的に放棄されます。本アプリケーションテンプレートはお客様ご自身のリスクのみにおいて使用されるものとし、ベックマン・コールターは一切の責を負いません。本アプリケーションテンプレートは、アプリケーションが選択・作成された時点で示されていたケミストリーキットのバージョンとリリース日についてBiomek NGeniuSシステムでの使用を確認したものですが、ベックマン・コールターは疾患やその他の臨床状態の診断への使用についての検証は行っていません。
    製品および本書に示したアプリケーションは、診断手順での使用を意図しておらず、検証も行っていません。開発段階では性能特性は検証していません。
    ©2022 Beckman Coulter, Inc. All rights reserved. Beckman Coulter, the Stylized Logo, and Beckman Coulter product and service marks mentioned herein, including Biomek and Biomek NGeniuS, are trademarks or registered trademarks of Beckman Coulter, Inc. in the United States and other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

    技術資料