Webセミナー

【無料Webセミナー】今さら聞けないフローサイトメーターの基礎

7月 5, 2024

Japan

About the Event

最初の蛍光ベースのフローサイトメトリー装置(フローサイトメーター:FCM)は、1968年に発表、発売され、ベックマン・コールター社では1972年にセルソーターEPICSを発表しました。
それから50年以上の歴史の中で様々なタイプのFCMが開発・発売され、様々な研究分野、臨床検査分野など幅広い分野で、FCMは細胞解析を行う上でのツールの一つとして活用されています。
近年のFCMはアナログデータ処理からデジタルデータ処理に技術発展が進み、蛍光補正や機器設定の簡便化がなされています。また、蛍光色素の開発と複数のレーザーと検出器を搭載することで、より多くのパラメーターを取得できるようになり、マルチカラー化も進んでいます。さらに、新しい蛍光波長検出技術としてスペクトル型FCMや画像解析機能を搭載したイメージング型FCMが登場しています。
しかし、どのようなFCMを使用するにも、基本的な蛍光色素の特性の理解や、粒子(細胞)を一つずつ測定しデータ処理を行いデータ解析までの過程を理解することは重要です。これらの基本的なFCMの原理、原則を理解することにより、スムーズに新しいタイプのFCMを理解することもできます。
本セミナーでは、FCMの理解を深めていただくために従来型のFCMをもとに、原理から機器設定のポイント、解析のポイントを解説します。

FCMをこれから始める方、すでにご利用されている方でさらにFCMの理解を深めたい方は是非ご参加ください。

 

<セミナー内容>

・フローサイトメトリーで使用する蛍光色素の基礎
・フローサイトメーターの原理
・機器設定のポイント
・データ解析のポイント

 

演 者
角 英樹
ベックマン・コールター株式会社 ライフサイエンス
フローサイトメトリー事業本部 シニアアプリケーションスペシャリスト
日 時
2024年 7月 5日(金) 14 : 00 ~15:00

 

ご視聴登録はこちら

※本Webセミナーは参加無料です。