Avanti J-30Iモデルを選択

機能

高度の処理能力

  • JLA-9.1000 J-LITEロータを用いた場合、細菌や細胞膜の遠心分離において、16,800 x gで4 Lのバッチ処理が可能
  • JS-5.9ロータを用いてマイクロプレート 10枚までのDNAサンプル調製が可能

サンプル防護

  • 加速度/減速度のカスタマイズにょり、サンプルの完全性を維持できます。
  • 最大限の遠心力で運転時間を短縮する場合は、停止までの時間はより掛かります。

Acceleration Maximum, Slow or Timed (1-10 minutes, 0-500 rpm)
Deceleration Maximum, Slow, Timed (1-10 minutes from 500-0 rpm) or Off
Speed Control |10.00|rpm of set speed or 0.15%, whichever is greater
Timed Run 1 minute-99 hours, 59 minutes; Hold or Ω 2t
Max Capacity Volume Range 1.00|4.00|L
Temperature Range(s) -20° to +40° C

資料

  • Filter by:
Title Description
{A7DF4F56-8AF9-4BF1-88BE-766AB73FBC6B}
{09716D8B-E53F-42B0-9706-F0EC865854D2}

Technical Documents